Daily Archives: 2016-11-28

専門学校と学費

専門が公の学費は高いということがよく言われます。一般的な私立の大学に比べて専門学校の方が学費が高いケースは多くあります。ただし、これは分野や学習する内容によっても異なります。そのため、すべての専門学校においてこれが当てはまるとは言えません。

また、専門学校の学費が高いのはその学習内容の専門性の高さにあります。専門的な知識に特化した学校であるために、大学のように一般教養がほとんどなく、学校内での実習や実際の職場での実習が多く組まれています。このような実習の多さに専門学校の学費の高さの理由があるのです。実習を行うためには、本物の将馬と同じような設備が必要です。

調理学校ならば、レストランの厨房と同じようなキッチン設備が必要ですし、美容師の専門学校ならば美容院と同じシャンプー台やパーマの機械が必要となりますし、整備士技術の学校であれば、整備工場と同じ施設を用意する必要があるのです。

そして、これらの設備が生徒分だけ必要ですし、最新のものを導入する必要があります。そのため、自ずと専門学校は学費が高くなるのです。ですから、このような学費の高さは専門知識を習得するには致し方ないことであると言えるのです。

しかし、中には学費が免除になる奨学金制度を設けている専門学校もあります。学費の高さで進学をあきらめる前に、奨学金や学費免除の制度がある専門学校を調べてみるのもいいでしょう。

学費が払えない

専門学校に通いたいけれども、両親が反対していて自分で学費を用意しなければならない、とか家庭で学費の工面が難しく自分で稼いで学費を出さなければならないということもない話ではありません。実際、昨今の不況の中にいて、大学や短期大学の学費についても支払いが難しいとしている家庭も増えています。そうなれば、大学や短期大学よりも高い学費となる専門学校の学費を支払うことはさらに難しくなります。また、専門学校では専門知s機を身につけるために、教科書や道具の購入も必要です。そうすると学費以外にも支払うべきものがあり、支出はかなりのものになります。

そこで、もしも学費の工面が難しいようであれば奨学金を申請することができます。専門学校の奨学金についても大学や短期大学と同じように独立行政法人日本学生支援機構が支援をしてくれます。日本学生支援機構というのは昔の日本育英会であり、学校に通いたいのに学費が準備できないという人たちを支援する組織です。学費の金額や家計状況に応じて受けることのできる金額やサポート内容が異なりますから、自分の家庭の状況に応じてその受取額については確認が必要です。ただし、奨学金は借りたら返さなければならないものです。必ずその金額については返済できる金額にすることが重要です。